趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

windows7 SSD 以前のバージョンのシステムを復元する

windows7 SSD 以前のバージョンのシステムを復元する

SSDドライブに変更した時、システムの復元は、DVDに制作してありますが、その後色々いじっているので、それが終わった時点で、(D:)ドライブにシステムの復元を作りました。この2個をSKyDriveに保存しました。

システムの復元(800MB)をダウンロードで戻しても良いし、(D:)のでも、どちらでも大丈夫です。

hdc-12

赤丸をクリック

hdc-13

SSDドライブに変更した時のシステム復元
その後色々いじっているので、それが終わった時点でシステム復元

hdc-14

最初は(C:)ドライブだけにしていたので、DVDとSDカードに作っておきました。(D:)ドライブを再構築した時、SDカード保存のシステムの復元を(D:)ドライブにコピー保存しました。

他の方法
コンピューター→(D:)プロパティ→以前のバージョン→復元で、保存されてる新しいシステム復元になります。
スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/17(水) 06:15:35|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

windows7 SSD システムの復元をSKyDriveに保存する

windows7 SSD システムの復元をSKyDriveに保存する

SSDドライブに変更した時、システムの復元は、DVDに制作してありますが、その後色々いじっているので、それが終わった時点で、(D:)ドライブにシステムの復元を作りました。この2個をSKyDriveに保存しました。

保存方法
SKyDriveの作り方の私のWEBページ
http://meitoku1210.blog.fc2.com/blog-entry-135.html

(D:)にあるBACKUPの圧縮ファイル(800MB)をコピーして(C:)の「お気に入り」か「ライブラリー」SKyDriveのドキュメントフォルダに貼り付けます。後は、オンラインでSKyDriveを開きフォルダを作り、ダウンロードで保存できます。

hdc-12

hdc-11

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/16(火) 09:58:07|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

windows7 SSD (D:)ドライブのReadyBoost が使用不可になった。

windows7 SSD (D:)ドライブのReadyBoost が使用不可になった。

ReadyBoost -1

ReadyBoost の説明ページ
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/features/readyboost
USB フラッシュ ドライブまたはカードを接続すれば、ReadyBoost によってこれらのメモリが活用できます。ReadyBoost は、お使いの PC のメモリ残量が低下した場合に役立つよう作られました。メモリが不足すると、Windows はデータをしまう場所が必要なため、ハード ドライブに依存し、コンピューターの動作が遅くなります。フラッシュ メモリは、より迅速な代わりのメモリを提供します。

解決方法

私のwebページのwebページ「windowsのサービス停止」の「Superfetchを停止する」を無効を自動に戻せば、解決します。
http://meitoku1210.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
Superfetchを自動に
コントロールパネル→管理ツール→サービス
該当サービスを右クリックでプロパティを開き、自動を無効にする→無効を自動に

http://pasofaq.jp/windows/mycomputer/stopreadyboost.htm

参考ページ
http://fooen79.blog10.fc2.com/blog-entry-39.html

否定的記事
http://win7-kp41.com/speed/fetch.html

「Superfetchを有効」にしましたが、ReadyBoostは、使用不可のままでした。但し、有効にしても効果は、期待出来ないと表示されてます。

readyboost-11

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/13(土) 05:57:27|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windws7 SSD   (D:)ドライブを作りシステム復元ポイント作成

Windws7 SSD (D:)ドライブを作りシステム復元ポイント作成

最初(C:)ドライブと(D:)ドライブがありましたが、(C:)ドライブだけにしたのですが、余裕があるので(D:)ドライブを20GB作り、システム復元ポイントを作成する事にしました。

、(C:)ドライブだけにした時の私のWEBページ
http://meitoku1210.blog.fc2.com/blog-entry-176.html

EASEUS Partition Master Home Editionダウンロード先
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html

EAS-1

(C:)ドライブのパーティションの減少が必要です。

div-d11

空き容量デスク20GB作ります(下図は、チョット違いますが、20GBで作りました)

EAS-2

フォーマットしたいパーティションを選んでから「Format」をクリック
空き容量デスク20GBに(D)DATEと名前付け、パーテイションのフォーマットします。

div-d12

パソコンの設定を、システム復元を可能に設定変更します。

コンピューター→右クリック→プロパティ→システムの詳細→システムの保護→構成

div-d13

(C:)ドライブと(D:)ドライブを有効にする

div-d13-1

システム復元ポインの作成を押すと、(D:)に作成されます。
システム復元ポイン作成だけだと、500MB位で、できます。ファイルの復元をすると(D:)ドライブに、空き容量を48GB,30%ないとパソコンが拒否します。

コントロールパネル→バックアップ作成→システムイメージの作成

sisimg-1

sisimg-11

sisimg-12


「EASEUS Partition Master Home Edition」で(D:)20GBとから50GBに変更

eus-1

eus-12

esu-13

eus-14

ssd-hd1



パソコンの設定を、システム復元を可能に設定変更します。
コンピューター→右クリック→プロパティ→システムの詳細→システムの保護→構成

sisimg-16

sisimg-16-1

sisimg-16-2

システムの回復を開き出来てるか確認
コントロールパネル→小さいアイコンの回復→システムの復元を開く→次へ

sisimg-16-4

出来てました。

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/11(木) 06:03:55|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

windows7 SSD 無効にしてあった視覚効果を有効にしました

windows7 SSD 無効にしてあった視覚効果を有効にしました

視覚効果を無効にすることによって、速度を上げることができます。これは見た目を重視するか、またはパフォーマンスを重視するかの問題です。つまり、Windows7 の速度を上げるか、または美しく見せたいかです。Aero機能も使用不可能になってるので、使えるようにしました。

Windows 7 Aero 機能

•ウィンドウのタイトルバーをクリックしたまま振るとそれ以外のウィンドウがすべて最小化される「Aero Shake」
•ウィンドウを画面上部にドラッグするとデスクトップ全体に半透明のフレームが表示され、そのままドロップすることで全画面表示に切り替わり、デスクトップの端にウィンドをドラックすると画面の半分位のウィンドにる「Aero Snap」
•「Windows」 +「Space」キー ですべてのウィンドウが透明にする「Aero Peek」
•[Alt]+[Tab]キーでウィンドウを切り替えるときに、使用中のウィンドウをサムネイル表示する「フリップ」
•ウィンドウの枠が半透明になって下のウィンドウやデスクトップが透けて見える「Aeroグラス」
•タスクバーを使ってウィンドウを切り替えるときに、使用中のウィンドウをサムネイル表示する「タスクバーサムネイル」
•[Windows]+[Tab]キーを押すことで使用中のウィンドウを3D表示しながら切り替える「フリップ3D」

私の視覚効果を無効にしました記事のWEBページです。
http://meitoku1210.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

元に戻しました。

paf-w1

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/09(火) 06:09:15|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

windows7 SSD Prefetch機能を無効になってるか確認

windows7 SSD Prefetch機能を無効になってるか確認

Prefetch機能もWindows 7がSSDだと判別していれば自動で無効にしてくれるので特に必要はありません。
Prefetchが有効かどうかは、C:\Windows\Prefetchフォルダにファイルが作成されているかどうかで調べることができます。

Prefetch機能とは何か
Windowsおよび各アプリケーションの起動時のディスクアクセス状況を記録しておいて、 次回起動時にはその記録を参考に「先読み」をする事で、Windowsや各アプリケーションの起動を高速化している機能である。

参考WEBページ
http://z0001.blog87.fc2.com/blog-entry-284.html

pref-1

9月13日以後のファイルは、ありませんでした。SSDと交換後(自動的に無効になってました

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/07(日) 06:40:23|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ