FC2ブログ

趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

新安定版「Google Chrome 18」、2D 高速化と 3D ソフト描画対応など

新安定版「Google Chrome 18」、2D 高速化と 3D ソフト描画対応など

この記事に関してjapan.internet.com 編集部発表を引用してます。

米国 Google は2012年3月28日、ベータ版 Web ブラウザ「Chrome 18」をバージョン「18.0.1025.142」へアップデートするとともに、このバージョンを安定版としてもリリースした。2次元(2D)グラフィックスのグラフィックス アクセラレータ(GPU)描画機能を追加したほか、ソフトウェアによる3次元(3D)描画機能を採用している。Windows 版、Mac OS X 版、Linux 版のほか、米国 Microsoft の「Internet Explorer(IE)」に Chrome の各種機能を付加する IE 用プラグイン「Chrome Frame」を提供する。

2D グラフィックスの GPU 対応は、Windows 版および Mac OS X 版でのみ実施。具体的には、HTML の Canvas2D 描画を GPU で行うようにしたことで、ゲームなどの Web アプリケーションの動作が従来よりスムーズになるという。

3D グラフィックス対応は、WebGL のソフトウェア描画を行えるようにしたもの。これまで WebGL 処理には対応する GPU を必要としたが、Chrome 18 ではソフトウェアによる WebGL コンテンツ描画が行える。そのため、対応 GPU の使えない古いパソコンや OS でも、GPU 搭載環境に比べ速度は遅いものの 3D コンテンツが利用可能となった。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Google Chrome - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/03/30(金) 08:40:45|
  2. Chrome拡張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0