FC2ブログ

趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

windows8.1Pro 必要に応じてPC電源プランを自動切り替え。タスクトレイ常駐型

windows8.1Pro 必要に応じてPC電源プランを自動切り替え。タスクトレイ常駐型電源ツール「Full Throttle Override」

blog1-w80

windows8.1Pro
インストールblog
システム回復法
 おすすめ設定
 厳選ソフト20 


「Full Throttle Override」は、必要に応じてWindowsの“電源プラン”を自動で切り替えられるユーティリティソフト。PCに適した“電源プラン”があらかじめ用意されている一般的な環境ではパフォーマンスと駆動時間を両立させた“バランス”が選択されているが、パフォーマンスを優先した“高パフォーマンス”や、バッテリーによる駆動時間を重視した“省電力”になっている。「Full Throttle Override」は、この“電源プラン”をさらに有効活用するためのタスクトレイ常駐型ユーティリティ。“電源プラン”を一時的に“高パフォーマンス”へと切り替え、PCのパフォーマンスを引き出してくれる。

「Full Throttle Override」の説明
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20130827_612827.html
ダウンロード(英語)
http://mx-3.cz/tringi/www/Full_Throttle_Override
full-b1
100Kの軽いソフトでタスクバーに表示できます。
PCを“Full Throttle”状態にするには、タスクトレイアイコンの右クリックメニューで[Full Throttle]項目を選択する。“Full Throttle”状態を解除するには[Disable]項目を指定すればよい。
[Automatic]メニューで、これが選択されていると、ユーザーがあらかじめ指定したプロセスが実行されている間だけ“Full Throttle”状態になる。マルチメディアソフトやグラフィックスソフト、統合開発環境、ゲームなど、負荷の高いソフトを利用する場合のみパフォーマンスを優先し、それ以外は省電力を重視するといった柔軟な運用が可能だ。[Full Throttle]と[Automatic]の切り替えは、タスクトレイアイコンのダブルクリックでも行える。

full-b0
タスクトレイアイコンはアクティブなCPUコアを示すインジケーターとして機能する。CPUコアの数だけアイコンに四角形が描かれ、アクティブなコアが明滅するが、この四角形の枠や塗りつぶしの色が自由にカスタマイズできる。
full-b01

電源プラグが差し込んである時だけ[Full Throttle]にして使用してます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/10/31(木) 05:57:55|
  2. windows8.1Pro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1