FC2ブログ

趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

windows7 バッテリーセーバーで充電池の寿命を伸ばそう!

windows7 バッテリーセーバーで充電池の寿命を伸ばそう!

注意 SSDハードディスク使用で、アイコン表示をOFFすると、画面全体の表示(何も表示しない)がなくなり、使用不能になります

バッテリーセーバーは、ノートパソコン等に通常使われている充電池であるリチウムイオン電池の寿命を積極的に伸ばそうとするツールです。
リチウムイオン電池を劣化させる原因は充放電の繰り返しなのですが、そのなかでも特にフル(100%)充電が劣化の元凶だと言われています。
バッテリーセーバーは、電池の容量を監視し、適正値の範囲を超えたときに警告を発することによって、ユーザーがAC電源を切り離したり、接続したりするタイミングを知らせます。

「バッテリーセーバー」ダウンロード先
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se487971.html

batt-s1

batt-s12

規定値は、30%ー80%になってます。変更しました。

batt-s121

アイコンも非表示にして、警報音のみにしました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/15(月) 06:00:01|
  2. Windows 7
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<windows7 SSD システムの復元をSKyDriveに保存する | ホーム | windows7 SSD (D:)ドライブのReadyBoost が使用不可になった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meitoku1210.blog.fc2.com/tb.php/166-2d262c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)