FC2ブログ

趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

windows7 HDDからSSDにドライブ交換

windows7 HDDからSSDにドライブ交換

SATA~USB変換ケ-ブルとインテル® SSDをつなぐ

tunagu-w

HDD取り外す前にSSDへデータ移行を行うのは、SSDをPCに組み込んですぐに起動できるばかりか、入れ替え作業時にHDDのデータが損失した場合でも複製が残っていればリカバリーできるなどのメリットがあります。


データー移行ソフトのダウンロード
データの移行を簡単に行うことができるソフトウェア 「インテル® Data Migration Software」 の使用方法について解説します。webページ
http://www.intel.com/jp/consumer/Shop/diy/features/ssd/migration/index.htm

「インテル® Data Migration Software」ダウンロードセンター日本語を選択
http://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?lang=jpn&changeLang=true&DwnldId=19324

inter-data1

データー移行に、途中再起動してDOS画面2時間位かかりました。

HDDをPCから取り外してSSDへの取り換えを行う
電源、バッテリーを外し、裏蓋のネジ一個外す、HDDを引出し、SSD差し込みで終了。静電気と衝撃に注意すれば、1分でおわります。


sasd-5

SSDドライブの変更後のドライブ状況

ssd-c1

SSDの特性を理解して快適な環境を作る

デフラグはSSDには不必要
SSDには物理的に動作するものがないのでどの位置にデータが記録されていてもごく短時間でアクセスできるから断片化の影響をほとんど受けないという特性がある。寿命を縮める可能性もあるので使用しないこと。

「インテル®SSDオプティマイザー」
HDDでは削除データが残っていても新しいデータを上書きするのに対して、SSDでは削除されたデータの必要・不必要が判断できず削除した古いデータがいつまでも消去されず残ったまま新しいデータが書き込まれてしまう。このデータの生成と削除を繰り返すことでWindows上では空きがあってもSSD内には空き領域がない状態になってしまい、そのまま使い続けることで性能の低下を招くことになってしまう。インテル®のホームページで無料配布されている「インテル®SSDオプティマイザー」を使用すると、削除したデータやファイルがSSDに不要であることを認識させてWindows上とSSDの空き領域を同じ状態に保つことができる。不要なデータを消去することでSSDの空き領域が増え、能力の低下を克服することで高い性能を維持することができるのだ。


「インテル®SSDオプティマイザー」の説明ページ
http://www.intel.com/jp/consumer/Shop/diy/features/ssd/optimizer/index.htm




「Intel® Solid-State Drive Toolbox」のダウンロード先
http://downloadcenter.intel.com/confirm.aspx?httpDown=http://downloadmirror.intel.com/18455/a08/Intel%20SSD%20Toolbox%20-%20v3.0.3.exe&lang=jpn&Dwnldid=18455

週一回スケジュール起動設定する。


ss-toola
 

in-tool1

in-tool12

in-tool13

in-tool14


BIOSでHDDの動作モードをIDEかAHCI設定か?確認

再起動して、BIOSを開く(起動時に、F2を連打するとBIOS画面になります)。動作モードがIDEだとSSDがおそくなります。windows7ならほぼAHCI設定になってます。もちろんわたしのは、AHCI設定でした。

IDE設定の対処法ページ
http://www.we-blog.jp/sun/ratsel/a0000308774.php


SSD交換結果
デスクトップ表示時間が、34秒で表示します。もう少し早い起動を期待していましたが、HDDとの差が22秒早くなりました。SSDが180GBでは、この位なのでしょうかね?
只、アプリケーションソフトの起動は、体感的に早くなってます。

speed-g1

ログオン時間が98秒と表示してますが、34秒後すぐログオンできます。これは、Glary Utlltlesソフトで、遅延起動させてるソフトがあります。その関係か?とおもいます
私のWEBページ
http://meitoku1210.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

追記9月27日
このPCは、今年4月購入、HDDは、半年しか使用してません。保証期間は、追金して3年にしてあります。一番最初に壊れるのは、マウスパットの気がします。(私の力の入れすぎでタッチしてます)保証は、Windows8にしたり、メモリー増設での故障は、有償になるようです。内容は、そののまま移動させましたので、SSDとHDDは直ぐに交換できますし。増設メモリーもすぐ外せるので、3年間は、ハード関係は、いじりません。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/09/18(火) 07:06:53|
  2. windows7 SSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<windows7 SSDドライブを(D:)ドライブ削除(C:)のみにする | ホーム | windows7 ノートパソコンのHDDをSSDと交換する準備篇②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meitoku1210.blog.fc2.com/tb.php/175-78245ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)