趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

windows8.1 Preview マイクロソフトセキュリティ情報7件を公開した。最も高い“緊急”が6件

windows8.1 Preview マイクロソフトセキュリティ情報7件を公開した。最も高い“緊急”が6件

日本マイクロソフト株式会社は10日、月例のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)とセキュリティ情報7件を公開した。脆弱性の最大深刻度は、4段階で最も高い“緊急”が6件、2番目に高い“重要”が1件。各修正パッチにより、合計34件の脆弱性を修正する。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130710_607064.html

最大深刻度が“緊急”のセキュリティ情報は、「MS13-052」「MS13-053」「MS13-054」「MS13-055」「MS13-056」「MS13-057」の6件。

「MS13-052」は、特別に細工されたウェブページを閲覧した際に、コードを実行させられる危険性がある。
「MS13-053」は、特別に細工されたTrueTypeフォントを含むウェブページなどを閲覧した際に、コードを実行させられる危険性がある。
「MS13-054」は、特別に細工されたTrueTypeフォントを含む共有コンテンツを表示した際に、コードを実行させられる危険性がある。
「MS13-055」は、Internet Explorer(IE)に関する17件の脆弱性を修正する。脆弱性が悪用された場合、特別に細工されたウェブページを開いた際に、コードを実行させられる危険性がある。影響を受けるソフトは、IE 10/9/8/7/6。
「MS13-056」は、特別に細工された画像ファイルを表示した際に、コードを実行させられる危険性がある。
「MS13-057」は、特別に細工されたメディアファイルを開いた際に、コードを実行させられる危険性がある。
 このほか、最大深刻度が“重要”の修正パッチとして、Windows Defenderの脆弱性を修正する「MS13-058」を公開している。また、Windows 8/RT向けのIE 10については、内蔵のFlash Playerをアップデートするための更新プログラムも公開している。

windowsのアップデートします。

updw81-a1

追記7.12
ダウンロード後デスクトップ右下に下図が表示される
prow81-b1

プロダクトIDが変更された。

updw81-a13

当社のライセンスに基いて2014年1月15日なで、本訴ソフトのインストールを許諾する旨書かれています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/07/10(水) 15:35:06|
  2. windows8.1Preview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<windows8.1 Preview 「Adobe Flash Player」を最新版にアップデート | ホーム | windows8.1 Preview エラー表示「Bad Pool Caller」が出て再起動した>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meitoku1210.blog.fc2.com/tb.php/341-86940bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)