趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

Google Chrome のアップデート後に残るChromeの古いファイル一括削除

Google Chrome のアップデート後に残るChromeの古いファイル一括削除

Google Chrome は、アップデートの際に 「 一つ前のバージョンに関するファイルのセット 」 を
一応残すようになっています。
バージョン名のフォルダと、「old_chrome.exe」 というファイル。
特にあっても困るようなものではないと思いますが、ソフト一本に二本分の容量をかけるのは、もったいないと思う方は利用して下さい。

フリーソフト「OldChromeRemover」
 Google Chrome と Google Chrome Canary build の両方をインストールしている場合、
このソフトは使わないで下さい。(Google Chrome をアンインストール → 再インストール することになります)
  「.NET Framework 3.5」 をインストールしている必要があります。
NET Framework 3.5ダウンロード←クリック

 「OldChromeRemover」のダウンロード先←クリック(英語です)

「OldChromeRemover」 を実行します。
 OS がVista / 7 の場合は、右クリック → 「管理者として実行」 を選択して下さい。
「Outdated versions of Google Chrome were found. Press "Y" to delete them. 」 という テキストが表示されるので、「Y」 キーを押します。
「No old versions of Google Chrome were detected」 と表示された場合、これ以上操作を 行う必要はない。
(古いバージョンに関するファイルが、残されていない ということです)

 古いバージョンのGoogle Chrome に関するファイルが一掃されます。
 少し待ち、「All old versions have been successfully removed. 」 と表示されたら、画面を 閉じてしまってOK です。

” Y ”を押して下さい

cld1


完了です

cld2

古いバージョンに関するファイルがあります。

cro3

実行後消えてます。

kuro4
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Google Chrome - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/03/01(木) 06:28:07|
  2. Chrome拡張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Google Chromeの拡張機能 Webページ全体撮影できる | ホーム | Chrome拡張機能 Facebookの新着情報が手軽にチェックできる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meitoku1210.blog.fc2.com/tb.php/57-7144bf5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)