趣味 パソコン生活

フリーソフト活用、インッターネットで実行してる事を書いてます。

windows10 インストール後の作業

windows10 インストール後の作業

windows10をインストールしてから、行った事を順次書いてみました。

win10-s13

まだソフト(win8.1の時のフリー)が正常に使えるかは、次回のblogで確認します。
タスクバーの右と左です。上にでているのは、RocketDock (普段はバーに隠れています。)
win10-s11

win10-s1


 システム復元ポイントの作成
私の場合、タスクバーとアプリにコントロールパネルを表示させていたので、問題はありませんでしたが、これがない方
メニュ-→右クリックで

win10-s15

システムの復元は無効になってます。これを有効にして、最初の復元ポイントを作成します。
PCを右クリック→プロパティの→システムの詳細又は、コントロールパネルの回復でシステムのプロパティーを開く
システムの保護→構成でC:を有効にする。そして作成をする。
win10-s12

バックアップと復元
コントロールパネル→バックアップと復元(windows7)でD:に作成しておく。私の場合、SDHCカード(32GB)を使用してます。

win10-s16

Windows 10 には、新しいブラウザ
「Microsoft Edge」が導入されます。お気に入りをインポートします。下図
win10-s17
 http://microsoftnews.hatenablog.jp/entry/microsoft.edge
これで一応終わらせ、最初に開くページを「google検索」にしました。
「Microsoft Edge」の右上「・・・」をクリック→設定

win10-s192

 起動USBメモリ-を作成する。
フリーソフト「AOMEI Backupper」を使用する。

win10-s2

クローンHDDの作成
あいてるHDDがないので、下図を購入
ノートPC用なので、2.5インチでSATA500GBのHDD
win10-s18

フリーバックアップソフトーEaseUS Todo Backup Freeでクローンを作成します。
私のblog
http://meitoku1210.blog.fc2.com/blog-entry-565.html
追記8.3
TEMPファイルをラムディスクで使用している場合は。C:に戻してください。
HDDは、規定のフォーマットで使用してください。
フォーマットを「FAT32」にしてクローン作製が失敗しました。NTFS(規定)フォーマットで成功しました。

システム修復DVDを作成したい方は
コントロールパネル→バックアップと復元(windows7)でDVD-Rのデーター用を使ってください。(データー用はこの頃すくなくなり10枚単位で買えるか?30枚とか50枚が多くなりました.4枚あれば十分です)
win10-s31

win10-s3
USBメモリーで作成する場合は「AOMEI Backupper」を使用して下さい。16GB位あれば大丈夫です。

スタートのアプリの位置、とサイズ変更

win10-s339


 ここまでしておけば、windows10で起動しなくなる場合でもまず復元できます。

追記8.12
不具合がかなり発生してるみたいです。私はありませんが、次を見れください。
https://www.youtube.com/watch?v=9o3hyZcKnwM

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/08/02(日) 06:25:11|
  2. windows10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<windows10 [Wise Registry Cleaner8]を使用するとプラウザ「Microsoft Edge」が起動しなくなる | ホーム | windows10 インストールする。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meitoku1210.blog.fc2.com/tb.php/630-a344fd6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)